無題ドキュメント
カタログ請求

カテゴリー


シリーズカテゴリー
















 

アスター テスク
 

家具はずっと私たちの傍にあり、
理想の暮らしには生活を楽しくする「家具」が必要だった。

高野木工は1942年に、福岡県大川市でタンス創りから始まりました。
タンスは長年衣類や思い出を守る家具。
高野木工は日々の暮らしと共に 、10年、20年と“思い出が宿る”ことをいつも考えています。

そのためには、まず丈夫で繊細でなければならない
また、飽きがこないデザインであり、生活を楽しくするものでなければならない 。
その思いを胸に、私たちはトータルで家具を創り始めました。


高野木工の家具は、ただモノとして機能するだけではなく

“思い出を記録する家具”

 

として、家族の傍らでそっと見守る存在でありたいと願っています。


昔の家にはあった大黒柱の傷、イタズラをして怒られた傷 、兄弟で背比べをした時につけた
油性マジックペンの跡のような 使っていくうちについた“家族の記録”。

家具を通してそんな思い出に浸っていただけたなら、
そして生活をより魅力あるものにするお手伝いができるなら…。
そんな願いを込め、今日も温かい人の手で創っています。
 

 

アスター テスク

温かな思いを家具に込めて




木のぬくもりを大切にしながら、温かな人の手でひとつひとつ丁寧につくられる家具には、
お客さまの暮らしを素敵に彩るお手伝いをできたら…という、
私たちの願いが込められています。
使ってくださる方の笑顔を思い浮かべながら、自然溢れるこの地から今日も上質な家具をお届けします。
 
 
アスター テスク

 

アスター テスク
 

培った経験と技術


阿蘇山を水源として九州地方北部を東から西に流れ有明海に注ぐ筑後川。 この筑後川を中心に福岡県大川市を周辺に家具産業は発展していきました。 この筑後川のほとりの大川にほど近い筑後に1942年工場を構えた高野木工。桐箪笥の製造からスタートして半世紀以上も木に耳を傾け家具を作り続けてまいりました。 現在では熟練の職人から未来を担う若手まで家具づくりのプロとして意識をもって日々作業に励んでいます。
アスター テスク

職人たちの経験と
最先端機器の技術の融合


明るく広い整理整頓が徹底された工場内部。NCルーターやプレス機などの一般的な木工用機器から、 コンマ1ミリまで調整できる最先端のコンピューター機器まで、自社工場内では機械と人がバランス良く作業をしています。 培った長年の経験を持つ家具職人と機械の技術により、さまざまな工程を経て生み出された家具は、細かい所にまで目の行き届いた品質の高さも特徴です。
 


アスター テスク
 

工房から思いを込めて


高性能な機械とそれを生かす高い技術、そして何より作り手の「良いものをつくりたい」という熱い思いが重なり、高野木工の家具は生み出されています。 たとえわずかな傷や汚れであっても、使ってくださる方の笑顔が曇ることのないように。 細心の注意をはらいながら、丁寧な家具づくりに努めています。
 



アスター テスク


 



工房から気持ち『家具』を届けます・・・。